二次会の主な流れ

結婚式二次会は無礼講の交流会ですから、リラックスムードで楽しめる会なのですが、幹事に抜擢された人はそうもいきません。おおよその流れを把握しておくと当日に混乱しなくてすみます。コンセプトによっても雰囲気や方法は違ってきますから、絶対こうだと言い切れるものではないのですが、おおよその一般的な流れを一例としてご紹介します。

会場探しですが今はネット検索も可能ですから、披露宴会場からあまり遠くない場所で、目星をつけて仮予約しておきます。一度は実際に足を運んで下見をしてみて、よさそうであれば予約します。次に会場レンタル代 × 参加者 + 紹介状送料 × 招待客数 + あれば小道具 +予備費 で全体の予算をたてて会費を決めます。準備できたら早々に発送です。E-mailが利用できるなら経費削減になります。内容吟味・プログラム作成はメインになる部分ですから、楽しみつつ、コンセプトにあわせての企画をたててみます。返事はなるべく1ヶ月前までにいただけるように依頼します。おおよその出欠者のめどがたったら買い出しです。さらに幹事の役割分担まで煮詰めて本場を迎えます。ハプニングはいつでもつきものですから、何が起きてもあわてずに臨機応変に対応できれば言う事ありません。

こういった全体の流れを見ていると、幹事は意外と責任が重い作業だとわかります。幹事の体験者ならなおいいのですが、そうでない場合でも、2~3人のチームを組んで話し合いを重ねながら会を成功へと導きます。

二次会成功に幹事あり

結婚の準備と聞けば挙式会場準備と披露宴だけと思っているなら大きな間違いです。結婚式は二次会までが結婚式なのです。二次会とは、緊張続きの式や披露宴と違って、気の合う仲間が集まって少しだけ無礼講のパーティーを行うものですから、気楽さがあります。この時だけは披露宴の参加有無に関係なく誰でも参加可能という、いわば交流会です。

かといって単なる飲み会とも違う大事な要素です。この二次会が成功するかしないかで、その後のお付き合いも変わってくると思って過言ではありません。そして成功に導く要はなんといっても幹事です。でも具体的に何をすれば良いのかというと、おおよその項目は8つです。会場探し・プランをたてる・予算を決める・招待客のリスト作り・余興依頼やあいさつ・小道具準備や買い出し・音響準備・当日司会というのが一般的な流れですが、これを新郎新婦だけで式と仕事の合間に進めるのは大変です。自分たちだけで行うというパターンも確かにあるのですが、半数以上が友人・知人に依頼しています。幹事を頼まれたら会を盛り上げなければなりませんから、誰に頼むかは大変重要です。

パーティーはむろん無料ではないですから、後でもめ事の原因にならないためにも、経費管理も責任を持ってできる人や、コミュニケーション力が高い人、元々こういった事が好きな人、可能なら二人に共通した友人・知人に依頼できるなら安心です。一人でこなせれば、それに超したことはないのですが、責任の全部を押しつけるというのは良くありませんから、チームをくんでの協力体制にすれば快く引き受けてくれるはずです。今回は二次会のお話です。